特 徴

夢の島公園アーチェリー場イメージ

夢の島公園
アーチェリー場について

夢の島公園アーチェリー場は、東京2020大会のために東京都が新たに整備した競技施設の一つとして2019年4月にオープンし、東京2020大会ではアーチェリーの予選会場及び練習会場として使用されました。

このたび、10月31日より再開業イベントを実施し、当日は、アーチェリーをはじめ、タッチラグビー、フライングディスクなどの体験教室を開催し、都民、公園利用者の皆様に楽しんでいただく企画を実施いたしました。参加者の皆様からは「楽しかった。」「また実施してもらいたい。」などといったご意見をいただきました。

翌11月1日より一般開放を行い、今後は、アーチェリーの大会や各種スポーツ大会やイベント、体験教室が実施されます。このような利用がないときには芝生広場として一般開放し、夢の島公園と一体となって憩いの場を提供していきます。また、公園内の他の施設と連携したイベントなど、幅広いプログラムを設けていきます。

芝生広場・・・約18,000㎡
遮熱性舗装・・・約3,500㎡
日よけ屋根・・・長さ約130m
倉庫・・・1箇所

夢の島公園
アーチェリー場の魅力

01新木場駅から
徒歩10分圏内と
交通が至便

夢の島公園アーチェリー場イメージ

各種の大会やイベントを実施するのにも参加者の皆さんが集合しやすい場所です。

JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線と三社の鉄道の駅があり、様々なスポーツやイベントに使用するにも持ってこいの便利さです。近隣には夢の島マリーナもあり、都心には珍しく緑も多く、暫し時を忘れて癒しの空間に浸れます。

02親子で参加できる
イベントも開催

夢の島公園アーチェリー場イメージ

夢の島公園アーチェリー場では、様々なイベントを実施予定です。

年間を通じて皆様にスポーツに親しんでいただけるよう、ヨガ教室、フィットネス教室、フライングディスク教室、アーチェリー体験教室など随時さまざまな教室を実施予定です。詳細は本ホームページの中でお知らせいたします。

03バリアフリーに
配慮した競技施設

夢の島公園アーチェリー場イメージ

広大な芝生広場は平坦で
様々な方に楽しんでいただけます

競技大会や撮影などがないときには、公園としてお使いいただけます。自由に遊ぶことができます。利用者の方それぞれが思いやりの心をもって、それぞれで楽しんでください。ひなたぼっこをしても良いですし、お弁当を食べても良いです。ボールで遊んでも良いですが、あくまでも他の利用者の方の迷惑にならないようお願いいたします。混みあっているときにはご遠慮ください。