Language

Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어

Language

開花情報

最新の開花情報

バックナンバー

2020年04月30日(木)

今日のスタッフのおすすめ

なるほど~。タコの足に見えてくる?

なるほど~。タコの足に見えてくる?

綺麗ならせん状

綺麗ならせん状

〇タコノキ  Cドーム

小笠原の植物が主に展示されているCドームを歩いていますと、不思議な形状の木が目に留まります。

タコノキです。

気根の多くは幹の下からでておりますが、高い所からも発根し、あたかもタコが足を広げているように見えることから、この名がついたとされています。

大昔の人も現代の私たちも、見て思うことはさほど変わらないのかもしれないですね。

葉をよく見ると、細長い葉の辺と、主脈裏側にトゲが多く、そして、幹の頂きにらせん状についています。

パイナップルに似た集合果といわれる実がつき、灰色の幹、タコの足のような気根、流れのある姿はかなりの個性派。

太陽が西に傾きはじめた時にこのタコノキを見ると、タコノキの仲間で、奄美大島や沖縄にあるアダンをモチーフに描かれた、日本画家・田中一村の作品『アダンの海辺』を思い出します。

2020年04月29日(水)

今日のスタッフのおすすめ

色も形もかわいいツボミから

色も形もかわいいツボミから

開くとこんな花が咲きます

開くとこんな花が咲きます

〇ゲットウ A、B、Cドーム

漢字で書くと“月桃”です。

沖縄では雑草のように育ち、お茶、料理、紙の原料としてよく利用されている植物です。

葉からは、ちょっと薬っぽいですが爽やかな独特な香りがし、薬効があるとされています。

当館でも過去のイベントで、お茶をふるまったことがあります。

葉や茎の有効性ばかりに目がいきがちですが、お花もとってもかわいいので紹介したいです!

白とピンクのかわいいツボミから、まさかの黄色とオレンジの色の花が咲きます。

ひとつの房がいきなり満開にならず、根元から1~2輪ずつ咲いていくので、このコントラストが長い間楽しめます。

ドーム内ではあちこちにあり、多くは端の方に植えられています。

けれど葉は人の役に立ってくれて花もかわいいこの植物は、私のあこがれです。

2020年04月28日(火)

本日のスタッフのおすすめ

枝先に5~10個ほどの黄色い花が咲きます。

枝先に5~10個ほどの黄色い花が咲きます。

色鮮やかな黄色を見ていると元気になります。

色鮮やかな黄色を見ていると元気になります。

〇キバナイペー ハーブ園

青いヤグルマギク、ピンクのアグロステンマ、白いカモミール…

この時期、ハーブ園はたくさんの色で溢れます。

中でも、ひと際鮮やかな黄色が目を引きます。

その植物の名前はキバナイペー。

冬に落葉した枝先に、暖かい陽ざしを感じると、

葉を出す前にラッパ状の黄色い花で満開になります。

青空に映える黄色い花からは、今にも陽気な音楽が聴こえてくるようです。


2020年04月27日(月)

今日のスタッフのおすすめ

葉の隙間から光が差し込んで幻想的

葉の隙間から光が差し込んで幻想的

これがモンステラの実です。

これがモンステラの実です。

〇モンステラ Aドーム

モンステラは葉に穴の開いたユニークな模様が特徴で、

夢の島熱帯植物館のロゴマークにもなっています。

お客様から「白いものはモンステラの花ですか?」

というお問い合わせをいただくことがあります。

モンステラは白い仏炎苞(ブツエンホウ)を背にして棒状の花が咲きます。

花が終わると亀の甲羅のような模様をした綠色の実がつき、

果肉を食べることができます。その味は、とても美味らしいです。

お客様との会話はとても貴重なお時間です。

またそんな時間を過ごせる日が来ますように。


2020年04月26日(日)

今日のスタッフのおすすめ

華麗な花が咲いています。

華麗な花が咲いています。

びっしりと雄しべが見えています。

びっしりと雄しべが見えています。

〇サラセニア 食虫植物温室

食虫植物として人気のあるサラセニアは、茎から立ち上がった筒状の葉が、とても特徴的ですが、その花もまた、印象的なものです。

植物館では、ちょうど花が咲き始めました。

茎からすっと伸びた花茎の先には丸い蕾がつき、そして蕾が開くと、花は下を向いて咲きます。

花の中には沢山の雄しべと、傘を逆さにしたような形の雌しべがあります。

虫を消化してしまうといった、ちょっと怖いイメージとは異なる、優しげで華麗な花の姿に見とれてしまいます。

2020年04月25日(土)

今日のスタッフのおすすめ

とんとん橋からの眺め

とんとん橋からの眺め

カフェからの眺め

カフェからの眺め

〇ヘリコニア‘リッチモンドレッド‘ Cドーム


植物館のドーム内には、様々な熱帯の植物が展示してあります。

ドームへ入ってすぐ、大きな滝やトンネルを抜け、緩やかな傾斜を歩いていけば、ちいさな小道や橋も架かっており、ちょっとしたアドベンチャー気分をも感じさせてくれます。


Cドームのとんとん橋から、カフェを覗く角度に咲いているのは、ヘリコニア‘リッチモンドレッド‘という花です。

熱帯の花をイメージさせる、存在感ある鮮やかな赤色と、バキバキとメリハリのある形が印象的です。

写真におさめたい!そんな気持ちになる、引きつけられる花です。

ヘリコニアは主として、熱帯アメリカ及び、太平洋諸島に約100種類が知られているそうです。

たくさんあるヘリコニアの中でも、こちらのヘリコニア‘リッチモンドレッド‘はビハイとカリバエアの交配種。


そして、カフェから見る眺めも、違ったアングルでお勧めです。

同じ花でも、見る角度が違うと印象が変わって見えるかと思います。

2020年04月24日(金)

今日のスタッフのおすすめ

紐を長くしてご来館をお待ちしております。

紐を長くしてご来館をお待ちしております。

〇ベニヒモノキ トウダイグサ科 西インド諸島原産

長い花穂が、赤い紐が垂れ下がった様に見え、一年を通じて花をつけます。

今回ご紹介したいのは、名前が見た目そのままで、

私が一番最初に覚えたお花だからです。

ピンクのモフモフがとてもかわいく魅力的です。

ここまで読んで下さった皆様も、きっともう名前を覚えているはずです。


2020年04月23日(木)

今日のスタッフのおすすめ

毎年咲いている頃(今年は5月初旬ごろでしょうか)

毎年咲いている頃(今年は5月初旬ごろでしょうか)

今日のつぼみの状態

今日のつぼみの状態

〇ブラシノキ 植物館前

5月になると、植物館外の生垣が1週間ほど真っ赤に染まります。

180メートルにも渡って咲きこぼれるオーストラリアンプランツのブラシノキは、

当館を訪れる方を歓迎するレッドカーペットのように一直線に続いており、

とても見応えがあります。

花が咲いていないと気がつきにくいかもしれませんが、

日本の植物とは少し趣の違ったブラシノキが満開になるまであと少し。

それまで楽しみに待っていて下さい。


2020年04月22日(水)

今日のスタッフのおすすめ

温室の頂上は高さ28メートルあります

温室の頂上は高さ28メートルあります

どうぞイスに座ってみてください

どうぞイスに座ってみてください

今日は、皆様のステイホームを応援する「テレワーク、リモート会議」「オンライン飲み会」用の背景・壁紙を準備してみました。


〇エントランス正面

券売所入口を抜け、周りの可愛らしい植栽たちに迎えられながら、目の前にそびえ立つ大温室を目指し進んでいきます。

心ワクワクの時です。休館の続く今も、外の草花も手入れを続けています。


〇夢の島カフェ

カフェの四角い窓枠におさまる風景は、まるで絵画のようですよね。

現在この奥で「ヘリコニア‘リッチモンドレッド’」の赤い花が、人間界に力を送ってくれています。

2020年04月21日(火)

今日のスタッフのおすすめ

ひっそりと咲いて、いつの間にか終わってしまう。

ひっそりと咲いて、いつの間にか終わってしまう。

言われなければ、それと分からない蕾。

言われなければ、それと分からない蕾。

〇アケビ(花) 北側花壇

子供の頃は好きでなかったアケビの実。

その花を見たことがない方も多いのではないでしょうか?

今年のアケビは見ごろが過ぎてしまいましたが、来春、ハーブ園近くにひっそりと咲くアケビの花と、どこまでも絡みついて上にのぼる力強いつるを見つけにご来館ください。

アケビの花のなんとも言えない色と可憐さに、虜になること間違いありません。

2020年04月20日(月)

今日のスタッフのおすすめ

ピレア‘ムーン・バレー

ピレア‘ムーン・バレー

コガタシロアミメグサとベニアミメグサ

コガタシロアミメグサとベニアミメグサ

トレベシア・パルマタ

トレベシア・パルマタ

本日は個性的な特徴をもつ葉を、3つご紹介いたします。

〇ピレア‘ムーン・バレー’ Aドーム

葉色のグラデーションもさることながら、ちりめんのような凹凸がある葉は、

花が咲いてなくても目を惹きつけます。

〇コガタシロアミメグサ Bドーム

這うように伸びた葉は、白い葉脈が名前の通り網目のように見えます。

葉脈が赤い網目模様のベニアミメグサもあります。

〇トレベシア・パルマタ Bドーム

葉の形が特徴的な植物です。

大きく切れ込みの入った葉は雪の結晶のようで、とても美しいです。

植物館には、この他にも大きさ、色や形、質感など、

個性的な葉をもつ植物がいくつもあります。

ご来館の際には、個性あふれる葉にもご注目ください。


2020年04月19日(日)

今日のスタッフのおすすめ

セントポーリアの全体像

セントポーリアの全体像

セントポーリアの花

セントポーリアの花

セントポーリア Aドーム

熱帯植物の花というと、赤やオレンジ色の大きな花をイメージすることが多いと思います。

今回は、そんな予想を裏切る小さくてかわいい花をご紹介したいと思います。


植物館Aドーム滝の先、石垣の間で咲くセントポーリアです。

原産地は東アフリカのケニア南部とタンザニア北部の山地です。

1つの株全体の大きさが約20㎝、花の大きさは約3㎝です。

花びらの色は紫やピンクで、肉厚で独特の質感があり、とても美しいです。

2020年04月18日(土)

今日のスタッフのおすすめ

もうすぐ咲くかな?

もうすぐ咲くかな?

開花すると可愛らしい花が見られます(過去の写真より)

開花すると可愛らしい花が見られます(過去の写真より)

〇コーヒーノキ Bドーム

コーヒー豆が採れるコーヒーノキは1.5cm程の小さな白い花を沢山咲かせます。

花は涼やかで清らかな香りがしますが、一日程でしぼんでしまいます。その後、真っ赤な果実になり豆が収穫できるまで10か月程かかります。

コーヒーノキはアフリカが原産とされ、エチオピアでは古くから食用とされていたようです。やがてアラビア半島に伝わると種子の煮出し汁が、薬として利用されました。

飲料として世界中に広まるようになると、コーヒーベルトと呼ばれる熱帯・亜熱帯地域でコーヒー栽培がおこなわれるようになりました。

私の家のコーヒーノキは家に来てから3年、30~40cm程に成長すると花をつけるようになりました。たまに植物館の売店に入荷するので、興味のある方はぜひ育ててみてください。

2020年04月17日(金)

今日のスタッフのおすすめ

下から見上げた様子

下から見上げた様子

〇バナナ(実) Bドーム

熱帯の代表的なフルーツといえば、バナナ。

今現在、植物館では、このバナナが開花、結実をしています。

バナナの栽培は、紀元前数千年頃から。

大きく分けて生食用、料理用があり、

世界各地の熱帯地域で100種類以上もあるようです。

この実が、どこまで大きく育つのかが楽しみです。

ご来館の際には、どのように実っているのか観察してみてださい。


2020年04月16日(木)

今日のスタッフのおすすめ

クチナシのような香りが漂います

クチナシのような香りが漂います

〇シクンシ Cドーム

シクンシの花の魅力は、香りがよいことと花の色が刻一刻と変わることです。

はじめは真っ白な花を咲かせ香りも高く、やがて淡い紅色から濃い紅色になります。

夜は香りで蛾を呼び寄せ、

昼は花の色を濃くして蜂や蝶を呼び寄せ受粉ができるようにする。

なんて素晴らしい自然の摂理なのでしょう。

種は漢方で「使君子」と呼ばれ、

神に授かった妙薬と言われ、害虫駆除、下痢止めなどに使われているそうです。

ドームにお越しの際にはぜひ、このよい香りに包まれて、

美しく揺れるシクンシの花をお楽しみください。


2020年04月15日(水)

今日のスタッフのおすすめ

ウサギの耳のような花

ウサギの耳のような花

小さな袋が根についています

小さな袋が根についています

〇ミミカキグサ

食虫植物温室写真の花にご注目ください。

ウサギのような形をした愛らしい花が咲いています。

近くにはクリオネのような形をした花も咲いています。

この花の持ち主はミミカキグサ。

実はこの植物、虫を食べてしまう食虫植物です。さて、どこで虫を捕まえるのでしょうか?

目を凝らして下の写真を見てみると…。根にいくつもの小さな袋があるのが見えませんか?

この袋は捕虫嚢(ほちゅうのう)といい、水中のプランクトンなどを吸い込んで捕虫し、消化、吸収をします。

こんなにも可愛い花の下で、虫を食べているなんて…でも、このギャップも、ミミカキグサの魅力の一つかもしれません。

2020年04月14日(火)

今日のスタッフのおすすめ

白と黄色の配色が眩しいです

白と黄色の配色が眩しいです

〇シュンギク ハーブ園

夢の島熱帯植物館のハーブ園では、この季節さまざまな花が咲き始めています。

今日のスタッフのおすすめ植物は、ハーブ園で咲き始めたシュンギクをご紹介します。

『春菊』と聞くと私たちには、鍋物やてんぷら、サラダとして生のまま食べたりと、主役級な野菜ではないですが、あのほろ苦さは名脇役として欠かせない存在です。

そう、この花はシュンギクという名の通り、春に花を咲かせます。

シュンギクはキク科の植物。

原産地は地中海沿岸、ヨーロッパでは主に鑑賞用に育てられているようです。

おお!こんなに可愛らしい花が咲くのですね。 

和風なイメージの印象を裏切るかのような、中心が黄色くて周りが白く、太陽の光を浴びてキラキラ輝いてるようにも見えます。

さわやかな風に揺られて咲いてる姿を見ていると、食べられることを忘れてしまうほどです。

2020年04月13日(月)

今日のスタッフのおすすめ

花言葉のひとつに「偽りの魅力」があります

花言葉のひとつに「偽りの魅力」があります

横から見るのとは全然印象が違いますね

横から見るのとは全然印象が違いますね

〇ブルグマンシア・ウェルシコロル Bドーム

植物館Bドームには一年を通してたくさんの花をつかせている「ブルグマンシア」の大きな木があります。

下向きに垂れ下がった大きな花弁がトランペットのように見える様から、別名エンジェル・トランペット(天使のラッパ)とも呼ばれ、人々に親しまれています。

しかし、その美しい姿からは想像もつかない強力な毒性を根、枝、葉、花、種子に至るまでの全草で持っており、最悪の場合ひとを死に至らせるほどのアルカロイドを有しています。

たとえば、草の汁がついた手で目を擦ってしまっただけでも視覚に障害がでるほどの猛毒です。

一方では、古くから世界の医学者はこの毒性をうまく調整して、麻酔として利用してきた歴史もあります。

こちらの熱帯植物館が開館しましたら、このブルグマンシア・ウェルシコロルの花を是非とも真下から眺めてみてくださいね。

2020年04月12日(日)

今日のスタッフのおすすめ

近くでは良い香りがします。

近くでは良い香りがします。

〇藤(フジ) 植物館正門中

夢の島植物館には、フジもあります。フジは、マメ科フジ属のつる性落葉樹です。

閉館中ではありますが、ちょうど花が咲き始めましたので、植物館正門の内側に置きました。

当館にあるものは、樹高が1mほどの鉢植えです。

花序がしだれて風に揺れるような大きさではありませんが、それでも、この花を見ていると、全国各地の山々でも、フジの花が咲きはじめているのではと想像が膨らみます。

自粛続きで余裕を失いがちな毎日でしたが、季節が巡っていることを思い出させてくれました。

2020年04月11日(土)

今日のスタッフのおすすめ

黄緑色の小花が満開です

黄緑色の小花が満開です

月桂樹の花

月桂樹の花

〇月桂樹(ゲッケイジュ) ハーブ園

リンピックが延期となり、私達の顔もマスクに隠れた春ですが、この樹には今年も小さな黄緑色の花が満開です。

オリンピックの勝者の頭に月桂樹の葉で作られた冠がのる様に、まさに花言葉は

「勝利」と「栄光」

香辛料としてのローリエもよく知られています。

ご来館の際には、ハーブ園の月桂樹を、どうぞ見上げてみてください。

葉と花では異なった花言葉や、ギリシャ神話との関係など、調べてみるとグッとこの樹が素敵に見えてくるかもしれません。

2020年04月10日(金)

今日のスタッフのおすすめ

Cドームのあちこちで見られます

Cドームのあちこちで見られます

〇ジュズサンゴ   大温室Cドーム

ジュズサンゴ!白く可憐な花、そして華やかな赤色の果実が魅力的な植物です。

北アメリカから南アメリカにかけて分布するヤマゴボウ科リビナ属の多年草、

大正時代に渡来し小笠原諸島で帰化植物として野生化しています。

Cドームを歩くと、足元に光沢のある愛らしい赤色の実が目に止まると思います。

白い花も咲き、愛らしい赤色の実が同時に楽しめて、

童話の世界を思わせる想像力を掻き立ててくれる植物です。

花と実はほぼ一年中見ることができます!

どうぞ、開館の折には、ゆっくりと散策をお楽しみ下さい。

2020年04月09日(木)

今日のスタッフのおすすめ

ピンクと白のお花が仲良く咲いている様子

ピンクと白のお花が仲良く咲いている様子

テンニンカ  大温室Cドーム

天人花(テンニンカ)はフトモモ科 常緑低木 東南アジア熱帯・亜熱帯地方原産です。

春から夏にかけてピンク色の花を咲かせ、だんだん白く色が変わります。

一粒で二度おいしい花だと思ったので、今回ご紹介させていただきました。

お客様がいらっしゃる際に、何色の花を咲かせているのでしょうか?

外出できない今は、想像して楽しんでみませんか?

2020年04月08日(水)

今日のスタッフのおすすめ

じつはトウダイグサ科なんです

じつはトウダイグサ科なんです

花

大温室の出口付近に、目立たずひっそりと咲いているハナキリン。

マダガスカル島原産の多肉植物です。

暖かい温室の中ではほぼ毎日、花を咲かせます。

茎には鋭いトゲがたくさんあるため、サボテンと間違われることもあります。

現在180センチ位にまで生長し、

直立しているその姿は「独立」、「自立」という花言葉がとてもよく似合います。

レッド、ピンク、ホワイト色に咲く花とともに、

この特徴的なトゲの茎にもぜひご注目下さい。

2020年04月07日(火)

今日のスタッフのおすすめ

バニラはランの仲間です

バニラはランの仲間です

4月12日までを予定しておりました臨時休館ですが、

引き続き、5月6日(7日は通常休館日)まで休館となってしまいました。

休館明けを楽しみにして下さっていた皆様に、スタッフのおすすめも延長して

植物のご紹介をしたいと思います。

〇バニラ  大温室・Cドーム

今、沢山のバニラの花が咲いています。

色、質感は・・・ぽてっとしたうすい緑色で、とても美しい花です。

植物館で初めてみたバニラは、背丈が低かったのですが、

その後、しっかりした高い支柱に誘引し、ドームという環境の中で育っています。

今では森の中の大木にしっかり絡むように、グングンと伸びています。

ここ5、6年は花の数も増えています。

また、蒴果(細長い豆のようなサヤ状の果実のこと)も付けるようになりました。

むかし植物館に来られた方たちは、バニラの花をご覧になっていないかと思います。

お友達やご家族とご一緒に見に来られてはいかがですか?

お花は5月位まで、蒴果はもうしばらくありますので、再開明けにお待ちしております。

2020年04月05日(日)

今日のスタッフのおすすめ

今年も咲き始めました。

今年も咲き始めました。

ヤグルマギク  ハーブ園

属名のCentaureaは、ギリシャ神話に登場する半人半馬のケンタウロス族が名前の由来で、

ケンタウロス族の賢者がこの花を薬草として使ったことからだそうです。

鮮やかな青色を持つこの花は、古代から人々に愛され続けました。

ツタンカーメンの棺からは花びらを用いた花輪が発見され、

フランス王妃マリー・アントワネットは自身の食器にこの花を描かせました。

また「ヤグルマギクの青」(コーンフラワーブルー)は、

最高級のサファイアの青を表すそうです。

皆さまに植物館に咲くサファイアの青をご覧いただける日が早くやって来ますように。

2020年04月04日(土)

今日のスタッフのおすすめ

アデニウム

アデニウム

アデニウム  


イベントホール


花がまるで薔薇のように美しいことから、英名では「Desert rose」と呼ばれています。

砂漠の中で赤やピンクや白の花が咲く様子が、とても豪華なのでしょう。

花も素敵なのですが、私が注目してほしいのは、幹の根元に近い太った部分です。

アデニウムは多肉植物なので、ここに水分を蓄えています。

花からは想像できない、ぷっくりした形に味があって面白いですよ。


植物館が再開しましたら、さまざまな熱帯植物を見に、ぜひ夢の島へいらしてください。

2020年04月03日(金)

今日のスタッフのおすすめ

大きいツユクサ科です

大きいツユクサ科です

コクリオステマ・オドラティッシムム  大温室・Bドーム

この植物は、木や岩の上で生きる着生植物で、

当館でもドーム内では岩場の上で育てています。

今年もやわらかな常緑の葉の間から、花が出てきました。

真白い花序から、花弁の先の濃い紫のグラデーションと

少し見えるオレンジのしべが美しいです。

まだつぼみもあります。

これが咲き終わる前に、休館が明けて皆様にご覧いただけるよう、祈っております。

2020年04月02日(木)

今日のスタッフのおすすめ

例年遅めに咲きます

例年遅めに咲きます



〇ソメイヨシノ  バックヤード(関係者以外立入禁止となっています)

 



休館中の本日に、満開をむかえた桜をご紹介します。



当館内での、唯一のソメイヨシノです。


バックヤードより顔を出しているので、

お客様の目にとまらない場所にあるのかなと思います。


今日は、私の好きなアングルをお教えします。


ご来館の時には、どの位置か探してみて下さいね。

2020年04月01日(水)

「今日のスタッフのおすすめ」

和名は「フクロユキノシタ」

和名は「フクロユキノシタ」

当館では、3月28日から4月12日(13日は通常休館日)まで、

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため臨時休館となっています。

せっかくこの時期に見頃の花をはじめとする植物を

楽しみにしていただいていたた皆様に、

今日から休館の間におすすめの植物をご紹介したいと思います。

紹介するのは、当日の券売またはインフォメーション(売店)を

担当する予定だったスタッフです。

〇セファロタス  食虫植物温室

キノコみたいな形をしているこの植物は、落とし穴式の立派な食虫植物です。

ウツボカズラは空中にツボをブラブラさせていますが、

セファロタスは地面にツボを広げて、歩いている小さな虫を捕まえて吸収します。

落とし穴式の中では珍しく、フタの開閉で健康のバロメーターがわかるようで、

開いている時は状態が良く、閉じている時は悪いサインを出します。 

今はどんな気分なのか、よ~く観察すると面白いです。

休館開けとなりましたら、皆様のご来館をお待ちしております。

最新の開花情報