Language

Language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁体中文
  • 한국어

Language

開花情報

開花情報バックナンバー

2019年02月14日(木)

夢の島熱帯植物館の「みごろの花」をご紹介

サルウィンツバキ

サルウィンツバキ

サイハイデイゴも展示しています

サイハイデイゴも展示しています

【ツバキの仲間達】

年末から展示していた黄色い花の椿の見頃が終わり、それからバトンタッチするように、新たなツバキの仲間が開花しました。その名は「サルウィンツバキ」。サルウィンツバキは、中国南西部の雲南省などに分布する原種ツバキです。名前の由来となったサルウィン川はチベット高原を源流とする大河で「中国のグランドキャニオン」とも称されます。花径は4~5センチで、花の色は白から濃い紅紫色まで幅があるそうです。ちなみに、現在開花している当館のサルウィンツバキはとても淡い桃色で、遠くから見るとほぼ白色、早春にふさわしいとても上品な色をしています。蕾を数えたところ10個ほど確認できましたので、まだしばらくは楽しめそうです。

〇サルウィンツバキ

開花場所:大温室Aドーム

科:ツバキ

科属:ツバキ

属学名:Camellia saluenensis

なお、次の鉢は花が終わったため栽培温室にさげました。

〇Aドーム

 ツバキ‘黄の旋律

 ツバキ‘キンカチャ’

開花情報バックナンバー